狭小住宅を一戸建てとして建てるメリットとデメリット

狭い土地に建てる

小さな一戸建て

狭小住宅とは15坪以下の狭い土地に建てられた一戸建て住宅のことを指します。
15坪は約50平方メートル程の広さの事で、狭小住宅には狭さに加えて土地の形が歪だったりします。
よくある土地の形として、三角だったり高さに制約があるといった問題があり、一戸建てを建てる事には向かない土地が多いです。

狭小住宅の土地には制約も多いですが、その分独自のメリットが存在します。
狭小住宅のメリットとは、もともと土地がそれほどの広さが無いため、土地代が安めになることが多いです。
また、土地の形が歪だったり、一戸建てを建てる事には向かない土地であることから、更に土地の値段が安く設定されている事があります。
狭小住宅は、少ない予算でマイホームを建てる事に適している土地と言えます。
建設に向かない土地でも、建築家に頼めばその中で最大限の工夫をして狭小住宅を建ててくれる事も出来ます。
そのため、少ない予算で一戸建てが建てられるということで、狭小住宅も注目されています。

工夫に工夫を

案内する若い女性

狭小住宅を建てる事に必要不可欠な事として、土地の限られた空間を有効活用することが挙げられます。
縦方向への空間拡張、仕切りの排除といった省スペース化の技術を詰め込んだ一戸建てを建てる事が大切です。

Read more →

広い部屋を

スマホを見るカップル

狭小住宅の屋内を狭く見せないための工夫も存在します。
部屋の仕切りを極力排除することで、部屋を大きく見せると共に部屋の機能を一つにまとめるといった工夫が必要になってきます。

Read more →

デザイン性

パソコンで調べる女性

狭い土地に狭小住宅の一戸建てを建てる事は制限との戦いです。
広さの物理的な制限に加え、法律上の制限といった様々な制限を乗り越える必要が有りますが、その結果個性的な住宅になることも多いです。

Read more →

周囲の環境

電話で話す女性

狭小住宅には、土地の広さの問題、法律的な問題が絡んでくることが多いのですが、また別の問題があります。
外からの光の取り込みや、隣の土地と隣接している為に、プライバシーの保護といった問題が挙げられます。

Read more →

Link

Post

広さとデザイン

コールセンターの男性

狭小住宅は、以下に住宅の空間を広く使うかといったところに重点が置かれています。
その為、様々な省スペース化といった工夫をするため、最終的にはデザイン性の高い一戸建てになることも少なくありません。

More →

建築家の重要性

広いキッチン

建築家を選ぶ事は狭小住宅の仕上がりを左右すると言っても過言ではありません。
自分の希望の一戸建てを建築できそうな建築家を探すには、インターネットで建築家の実績をみることが一番です。

More →